ここから本文です

「勝つ」ためのブランディング

ブランディングの重要性

近年、各市場において競争が激しくなる中、ブランド力がある企業、特に中小企業では収益性に大きな差が出ると言われています。ブランディングは顧客だけではなく社員などにも影響を与えます。

そして企業の顔として、企業のあるべき姿を示し、ブランド価値と共に社内外での信頼関係(求心力)を高めていきます。ブランディングプロセスは時間の掛かることが多く、長期的なマーケティング戦略として捉えるのが通常です。

ブランディングとは、経営戦略である

ブランディングとは、既存のブランドや新規のブランドを「意図通り」認識してもらうこと。そしてお客様との「結びつきを強める」ために行います。市場で「ブランド価値(競合優位性)」を高め、「顧客との信頼関係」を築き、企業の顔となり、売上を創造する。そして「強いブランド」を育て、管理・運用することです。

それらをふまえた上で、「会社として目指すもの」と「ユーザーが求めるもの」を導きだしブランド構築を行います。つまり、ブランディングは経営戦略そのものといえますし、今後のビジネス成長の鍵を握っているといっても過言ではありません。

社員像 = ブランド像

社員像 = ブランド像

ブランド戦略は、あらゆる企業活動の核となります。取引先やお客様に接している社員は「企業の顔」であり、社員の立ち振る舞いは、企業のブランド価値を伝える最高のブランディングメディアです。

社員が皆個人の考えでお客様と接していれば、会社の“強み”や“売り”に対しての認識がバラバラということになり、ブランドは構築できません。目指すブランドイメージを明確にし、社内で意識統一することが重要です。

ブランド構築の始めの一歩とは?

目指すブランドイメージを明確にし、社内で意識を統一する。
社長と社員の意見が食い違うことがよくあります。同じ部署内でも人によって商品の捉え方が異なり、統一された営業になっていないこともあります。これではブランディングは成功しません。社内で話し合い、目指すブランドイメージを明文化して社内で意識を統一する必要があります。
ブランドイメージを具体的にビジュアル表現し日常で使う。
例えば、会社ロゴなど。目指すブランドイメージを社内統一し、それをビジュアルで表現した場合、社員は誇りを持ってその意味を説明できます。ロゴを見るたびに、会社の理念に基づく目標が浮かびます。また、商品イメージも同じです。どういう人にどのように売りたいのか。しっかり社内統一出来ていれば、チラシや説明パンフレットなどズレることなく表現できますし、それを説明する営業も同じイメージで説明できます。
会社案内やホームページもブランド戦略が必要。
会社の目指す方向や商品に対する想いなど、具体的なイメージ(ビジュアル化)でどんどん発信しましょう。その上で、お客様に共感していただけるカタチがどこなのかを模索しながら、ブランド構築をしていくことが重要であることに気づいてください。

弊社がお手伝いできること

ブランド構築のこういった重要性を理解した上で、会社案内やホームページなどの販促ツールを見直すと、今までとは違った角度でのアプローチ法や、思ってもいなかった会社の強みに気づくかもしれません。

私たちは、このようなブランディングの考え方に基づいて、「デザインの力で企業を変える」ことをテーマとして、販促活動のお手伝いをさせていただきたいと考えています。