ここから本文です

コミュニケーションとしてのデザイン

情報をデザインし、コミュニケーションを創出する

情報をデザインし、コミュニケーションを創出する

デザインとは、誰かに何かを伝える方法のひとつです。本来カタチになっていない漠然としたものを具現化・可視化するという役割があり、未来をカタチにする道具でもあります。そこから新たなコミュニケーションを創りだし「つながり」を生むのです。クライアントが求めるつながり、ユーザーが求めるつながり、社会が求めるつながりを冷静に客観的に見極め、カタチにしていくことが私たちの「デザイン」だと考えます。

問題解決としてのデザイン

アートが終わりのない概念や表現の探求であるのに対して、デザインは前提としてマーケットがあり、課題があり、ゴールがあります。ですので、アートや芸術と違い、問題を解決する手段であると言えます。

  • 何を実現するために作るのか。
  • 目標とする成果はどこか。
  • デザインで重視したいポイントはどこか。
  • 今後の展開はどう考えているか。

など、単に制作物をつくるという視点だけではないところから出発しなければなりません。頭の中でモヤモヤしていたものが、何らかのカタチとなって見えることで、クライアント様自身のビジョンが明確になってくる場合もあります。そういった問題解決を、デザインを通して弊社がクライアント様と連携を図りながら、お手伝いできればと思います。

  • 問題解決としてのデザイン
  • 問題解決としてのデザイン

よいデザインとは?

よいデザインと評価されるものは、必ず「人に伝わるカタチ」をしています。様々なアプローチで、ターゲット層に伝える力を持っています。

  • 情報がわかりやすいのか。
  • 説得力があるのか。
  • ビジュアルのインパクトで目を引くのか。
  • コピーが後から沁みてくるのか。
  • 印象深く忘れられないのか。
  • 人に話したくなるのか。

いろいろありますが、どれもデザインの「伝える力が強い」ので、多数の人の心に届くのです。販促目的を達成するためには、十分な理解と客観的な視点がなければ成果は見いだすこと出来ません。そして、それをカタチにする「デザインの力」がなければ、実現することも難しいのだと思います。

よいデザインとは?

弊社がお手伝いできること

「伝える力が強い」デザインを実現するために、クライアント様とのコミュニケーションを大切にし、目標とする成果に向けて前へ進めていくことだと考えています。
試行錯誤をして明確なイメージにたどりつかず困っていらっしゃるクライアント様は、是非一度ご相談ください。幅広い業種の様々なデザインを手がけております。異業種の視点でお役に立てることは多いのではないでしょうか。見た目だけではない「問題解決としてのデザイン」を、ご一緒に構築していきたいと思います。

WEB上には上げておりませんが、弊社の作品集もご覧いただきたく思います。