サービス

【AIシステム導入支援】

AIシステムで
「見えない問題」を解決します。

データ活用を通じて、業務上の見えない問題を可視化し、
お客様に最適なAI活用プランを提案します。

Top 〉 AIシステム導入支援

AIはビジネス、サービスの規模に限らず、可能性を秘めている

AIというキーワードから何を思い浮かべますか?
「人工知能」「機械学習」「画像認識」等……どれも昨今、日常的に使われる言葉になってきました。ただAIとは何かという問いに対して「ビッグデータがないと導入できない」「ターゲットの分母が大きくないと意味がない」など、AIに対する認識に偏った傾向がみられますが、決してそんなことはありません。
AI導入の目的とは課題解決にあり、そこにビジネスの大小、サービス業種の有無は関係ありません。いわば、どんな業種業態でも課題があれば、AIで解決できるかもしれない。そんな可能性を秘めている新しい技術なのです。

データを活用した、最適な提案を

情報が価値を持つ時代になってきました。同時に情報を持っているだけでなく、それをいかにターゲットに合わせた最適なシーンで使うかというデータの活用方法が問われるようになってきました。多くの企業がその方法がわからず「顧客情報は溜まっているんだけれど、その活用方法がわからない」「アンケート調査でユーザーの生の声を聞いても、売上に直結しない」などの課題を抱えています。
蓄積されたデータを有効利用するには、最終ゴールまでのストーリーが非常に重要です。ゴールの詳細は企業によって異なりますが、その多くがコンバージョン率アップや業務改善といったいくつかのパターンに収まります。
弊社では、まず、どういうデータがどのくらいの頻度でどのように溜まっていくのかを整理し、それらをゴールに当てはめるにはどういう分析方法がベストなのか等、企業の持つ資産に応じて活用方法の提案をします。

見えていなかった問題を可視化

活用例

  1. CASE 01

    課題

    会員データの活用方法がわからない

    解決

    蓄積されたデータを分析し、
    ユーザーの潜在的ニーズを把握。売上UPにつなげる

    販売の現場で、売れ筋の商品に対して、抱き合わせで提案すると必ず売れるという商品があります。この応用を活かし、通販サイトで同時購入するユーザーが多い商品に対し、商品の購入ボタンを押した後のページに、もうひとつの商品の購入を促すバナーを表示させたところ、多くのユーザーが同時購入したという例もあります。 このように、ユーザーの購買・行動履歴のビッグデータを元に、最適なページを自動的に表示するというシステムで、ユーザーの潜在的ニーズを把握し、売上アップにつなげます。

    • 通販サイト
    • オウンドメディア
    • 不動産サイト
  2. CASE 02

    課題

    説明商材を扱っているので、問い合わせが多く、成約までのスパンが長い

    解決

    botを使用したチャット機能を使って、コンバージョン率を高める

    ユーザーの十分な理解がないと商品やサービスの購入に至らない、いわゆる説明商材があります。こういった商品をWEBサイト上で購入まで持っていくのに、ユーザーの購買・行動履歴データを元に、botを使用したチャット機能を使って実店舗に近い接客をオンライン上で実現し、コンバージョンへつなげるという方法があります。これに加えて、リピート率の向上や、実店舗への来店も同時に期待できます。接客から商品提案までデータに基づいた最適な接客を行うため、商品選びに悩んでいるユーザーに対して、提案から購入検討までを一貫してサポートすることが可能です。

    • 不動産サイト
    • 会員相談窓口サイト
  3. CASE 03

    課題

    商品認知を促し、ファンを増やしたい

    解決

    SNS探索機能を活用し、ターゲットにマッチする人物をセグメントする

    ユーザーがインスタグラムに投稿している画像やいいねを押している行動履歴と登録情報を探索し、クライアントがターゲットとしている人物をセグメントします。セグメントした人物の中から、インフルエンサーになりそうなコア人材にアプローチし、自社の製品PRに活用します。

    • ファッション系ブランド
    • 店舗

この他、さまざまな活用例があります。
御社の実現したいことをベースとしたAIシステム導入をサポートいたしますのでお気軽にご相談ください。