ここから本文です

使えるWEBサイトが必要な訳

目的達成(コンバージョン)のためのPDCAとは?

ホームページは、公開して終わりではありません。目的達成のための企画・計画・制作(PLAN、DO)を行なった後は、実際ターゲットにどう見られているのかを確認(CHECK)し、改善策を検討(ACTION)していく作業が最も重要です。検索エンジンでどういうキーワードを使って、このホームページにたどり着いたのか、何と連動してアクセスが増えたり減ったりするのか、そういった実際の状況を把握し、都度改善していきます。あくまでも最初の企画・計画は仮定を元にしていますので、結果がずれるのは当然です。

  • なぜずれたのか
  • 目的達成に近づけるには、どういう更新が必要か
  • どういう告知が必要か

という事を議論し、次の計画につなげていきます。通常のビジネスと同様PDCAを回す事が重要で、ただ作ればよいという考えではなくどう育てて行くかという視点でホームページ制作・運用に取り組むべきだと思います。

目的達成(コンバージョン)のためのPDCAとは?

計画段階で運用イメージができているか?

計画段階で運用イメージができているか?

ホームページの構築依頼やリニューアルのご依頼をいただく際に、「新しい情報が掲載できない」、「業者の対応が悪い」、「検索エンジンに表示されない」など色々な悩みをお聞きします。その中には確かに制作会社の問題というケースもありますが、一番の問題は「ホームページをどう運用するのか?」について企画・計画段階で議論されていないからという事にあると思います。

お客様のニーズによって、確かに更新が必要ないだろうと結論づけるケースもありますが、ホームページをみる方も検索エンジンも、より新しい情報を求めています。タイムリーな情報や正確な情報を更新することは、不特定多数の方に見られるホームページにとって、最も大事な要素です。

最適な更新方法をご提案

ホームページは、コンテンツに応じた更新方法の計画を立てること重要です。
そのためには、

  • どういう内容を更新するか(来訪者が求めている最新情報は何か?)。
  • どのぐらいの頻度で更新が必要か。
  • 誰が更新するのか?(社内での更新か制作会社に依頼するか)など

ターゲットや目的、社内体制、協力会社スキームを並べ、何がホームページを育てていくにあたり最適かを判断する必要があります。

ホームページの更新方法には、大きく分けて、2つあります。
社内で更新する方法と、制作会社に依頼する方法です。

弊社では、構築段階で更新に関するヒアリングとコンサルテーションを行います。社内で更新する場合、ほとんどのお客様がホームページの構築技術をお持ちでないため、できるだけ特別なスキルを必要としない更新方法をご提案・ご提供します。
主に「CMS(コンテンツマネージメントシステム)」と括られる更新システムの導入をご提案する事が一般的です。CMSと一口に言っても、トピックス・新着情報を更新するために構築するシンプルなものから、ブログエンジンを採用した記事登録を行うシステム、HTMLを記入することも念頭に置いた高度なシステムなど大小様々です。構築コストも、数万円〜数百万円までこれに応じて変化します。

大規模なCMSも、オープンソースを利用し出来るだけコストを下げる工夫を行っていますが、コンテンツによっては表示項目を洗い出し、専用のシステムを構築するケースもあります。更新内容・頻度・更新されるご担当者の技術レベル・費用対効果によって最適と考えられるものを選定しご提案させていただきます。

構築後の運用サポート

更新のみに関わらず、アクセス解析の結果や、ビジネスのスキームに合わせた全体的なマネージメントをサポートするために、専門のスタッフによるアドバイスなどもお請けしています。
定例の会議に参加させていただいてのアドバイスや、定期的なレポート提出なども可能です。 費用に関しましても、受託での更新同様、ニーズと頻度に応じて事前にお見積りさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

CMS導入例

受託での更新

タイムリーな更新や情報発信が必要なトピックス・新着情報に関しては最低限の更新システムの導入をお勧めしておりますが、更新頻度が低く、更新の為の時間をある程度取れるコンテンツに関しては都度ご依頼をいただいて更新する方が結果的には費用対効果が高いケースも多く見受けられます。

弊社では、都度お見積りのスポット対応から、更新計画に従った定額更新まで柔軟に対応しています。特に、予算計上が必要なお客様には定額更新をご採用いただいているケースが多くなっています。更新頻度を元に事前にお見積りさせていただきます。